水の都の洋菓子店(パティスリー) 初回版

[H-GAME] 水の都の洋菓子店(パティスリー) 初回版


水の都の洋菓子店(パティスリー) 初回版

Release : Mar/23/2012

水の都の洋菓子店(パティスリー) 初回版水の都の洋菓子店(パティスリー) 初回版水の都の洋菓子店(パティスリー) 初回版
水の都の洋菓子店(パティスリー) 初回版水の都の洋菓子店(パティスリー) 初回版水の都の洋菓子店(パティスリー) 初回版

ストーリー
誕生日に食べたショートケーキが、彼の運命を決めた――
神田純は菓子職人となり、幼い時に住んでいた水の都と呼ばれる町で、洋菓子店 『ロワゾ・ブリュ』 をオープンさせたのだった。
すぐに優秀(?)で華のあるスタッフたちも揃い、店の前途は明るいものに見えた。
しかし、神田純の前には、どうしても立ちはだかる壁があった。
それは、今は亡き天才パティシエ・高村光太郎の存在。
この町の人たちには、過去に彼が作った最高の洋菓子の味がいまだに刻まれていた。
そしてロワゾ・ブリュの味は、どうしても彼に比べて劣っていたのだった。
その有形無形のプレッシャーに、神田純は苦しめられることになる。

そうしたある日――
純は、とあるきっかけで光太郎のお菓子の秘密を知ることとなった。
その洋菓子は味も究極だったが、それに加えて人を幸せにする魔法がかかっていたというのだ。
確かに光太郎の味を知る人からはそういう声が聞こえた。
「あそこのケーキを食べると、人生の嫌なことまで消えるほど幸せになれた」
「あの菓子との出会いで、闇の中にいた私の心に一気に光が差したのよ」
まさか魔法とは……。
つまり、光太郎の洋菓子に追いつくのは絶対に無理だということだろうか。
否、可能性はしっかりとあった。
光太郎の使っていた魔法は、娘である未果にも受け継がれていたのだ!

最高の洋菓子と魔法が与える幸せと波乱。 そんな中で深まっていく絆、そして恋。
たくさんの想いのこもった洋菓子店の幕が、今ここに開かれる。




Size : 2110 Mb







filesmonster
Информация
Посетители, находящиеся в группе Гости, не могут оставлять комментарии к данной публикации.